整体フォレストケアの施術室

施術中
About

当院の施術内容

当院での主な施術方法は、深層部の筋膜リリースと神経整体の融合です。それらがすべてではありませんが状況に応じて使い分けてゆきます。(一部の手技を除いては基本的には痛みのない施術です)

深層筋膜リリースは、たとえば肋骨の内側や背骨の際(きわ)に存在するようなものもターゲットとし、癒着をはがしてゆく施術です。

結果的に血流が改善し、そこにつながる筋・筋膜・関節などの滑走や動きの改善を図ります。また、神経整体は神経の伝達異常により、本来の動きが損なわれているお身体にたいして、伝達異常を解除し人本来の力を取り戻すことを目的とした施術です。

どちらの施術も、慢性痛〜メインテナンスまで幅広く対応でき補完関係にあります

施術風景1
施術風景2
観葉植物
Myofascial
Release

深層筋膜リリース

癒着はがし「六層連動操法」

癒着はガムテープのようなもので部位によっては可動域に大きな制限がかかります。そしてリンパや血液の流れを滞らせ血行障害や痛みを引き起こします。深層部の癒着はとても頑固で、身体の表面からは手が届かずストレッチやマッサージでも剥がすことは難しいです。

場合によっては、何十年と身体にへばりつき大きなストレスをかけ続け慢性痛を引き起こします。

深層筋膜リリースは、表面はもとより通常手が届かない深層の癒着へとアプローチしはがすことで、締め付けられたり、動けなくなっている制限から解放し、血流や可動を回復することを目的した施術です。

Nerve

神経整体

身体を動かすのは筋肉ですが、筋肉が動くまでには脳から信号が発せられて、その信号が筋肉へと伝えられることで身体は動きます。また、危険を察知し痛みを感じ、その動きを止めるのも信号の伝達によることとなります。

そして、そのような信号をつたえるのが神経の役割です。

しかし、何らかの出来事やケガ、長期間にわたる負担により、神経の伝達に異常がしょうじてお身体が正常に働かなくなり動きに制限がでたり、慢性痛を発したりすることがあります。

神経整体はその神経の伝達異常を改善し人間本来の力の回復を目的とした施術となります。

痛みや炎症について

痛みや炎症について

痛みや炎症は、外的要因による場合もあれば、ゆがみや負担の集中による内的要因から痛めた場合など原因は様々です。

当院では、主に癒着はがしのアプローチと、身体の動きにたいし指令伝達する神経へのアプローチを行うことで、人が本来もっている力を回復させることを目的とした施術を行います。

このようなお悩みはありませんか?

  • チェック

    四十肩、五十肩になり、腕があがらなくなった

  • チェック

    昔ケガして以来、痛みや違和感が続いている

  • チェック

    施術を受けてもすぐにもとに戻ってしまう

  • チェック

    病院や他の治療院にいったが他の施術をためしてみたい

  • チェック

    慢性的な違和感や痛みがある

  • チェック

    可動域が狭くなっている

  • チェック

    全身のメンテナンスをしたい